早川雪舟 / Sessue Hayakawa  Apr. 2
音楽プロデューサー兼作曲家、シンガー

Biography

 舞台演出家兼サラリーマンの父、絵本作家の母の間に生まれる。雪舟という名前は、無声映画時代のハリウッドスター早川雪州と、室町時代の水墨画家・禅僧の雪舟から採り付けられた。幼いころからマニアックな映画、音楽、ゲーム音楽等に数多く触れる環境で育つ。幼少期に特に影響を受けたのは、宮崎駿の『紅の豚』(音楽:久石譲)、ロマン・ポランスキー『戦場のピアニスト』(音楽:ショパン 他)、ジョゼッペ・トルナトーレ『ニュー・シネマ・パラダイス』(音楽:エンニオ・モリコーネ)、デビット・リーン『アラビアのロレンス』(音楽:モーリス・ジャール)、糸井重里『MOTHER2 ギーグの逆襲』(音楽:鈴木慶一 他)、『スーパードンキーコング』(音楽:デビッド・ワイズ 他)、『クロノトリガー』 (音楽:光田康典 他)など。

 パタン・ランゲージ理論で知られる建築家クリストファー・アレグザンダーのデザインした校舎に惹かれ埼玉県入間市にある東野高等学校に進む。ふと耳にしたレディオヘッドのアルバム『In Rainbows』に衝撃を受け、高校時代の殆どをバンド活動と作曲に費やす。
 レディオヘッドの『Kid A』と『OK Computer』。90年台ポップの二つの金字塔ともいえる歴史を揺るがせた名作に触れると同時に、アメリカンポップやその流れを汲むマーケテイング色の強い日本のポップに次第に拒否感を覚える様になる。東野高校卒業後、近隣の音大に進むも、自分の作り出す音楽の居場所を見いだせず、作曲の基礎を習得できるやいなや、自分心が求める音楽に従いアイルランドに留学する。
 アイルランドは音楽のダイバーシティーだった。音楽好きの多種多様な宗教・民族・国籍が集まる中、知り合えた人々から教えられた様々なジャンルの音楽を聴く中で自分の音楽の方向性を見出す。

 レディオヘッドにはその後も、最新のアルバム『Moon Shepard Pool』に至るまで常に進化を遂げる音楽スタイルに熱い憧憬を懐いている。レディオヘッドの活動のみではなく、メンバーのトム・ヨークの『The Eraser』や憧憬の思いの中多くの影響を受ける。メンバーのトム・ヨークのソロアルバム『Tomorrow’s Modern Boxes』、同じくメンバーのジョニ―・グリーンウッドの映画『There will be blood』、『Master』等のサウンドトラックにも強い刺激を受ける。

目指す音楽
実験的かつポップで楽しいクラブミュージック
ジャンル:エレクトロニカ IDM

そのほか影響を受けたアーティスト、作品
音楽
ジェームズ・ホールデン(英)
Zomby (英)
クラーク(英)

映画

押井守『イノセンス』
ポール・トーマス・アンダーソン『There will be blood』、『Master』
宮崎駿『風立ちぬ』
アリ・フォルマン『コングレス未来学会議』

絵画

クリムト『エルフェンリート』
ヒエロニムス・ボス『快楽の園』
幾何学模様的な現代アート

好きな俳優
ダニエル・デイ・ルイス
フィリップ・シーモア・ホフマン
ホアキン・フェニックス

Video

Buy