Giraffe

Menu

2018年10月11日

Too Much ジョニーグリーンウッド

今ちょうど朝から晩までしていた作業を終えることができた。3分映画祭という映画祭に出すための映画音声の整音と楽曲の作成だ。よせばいいのに、最初に作曲した曲は尊敬するジョニーグリーンウッド大先生リスペクトの曲になってしまったのであえなくボツ。こういう仕事は基本最初ボツになるので、あんまり気にしないことにしている。

暗い曲がボツになった時に、冗談でTooMuchジョニーグリーンウッドと言っている。

完璧に同じ感性を持ってる人間なんているわけがないので、一度かましてみてだめだったらもう一曲。基本的に依頼がある場合は相手がすでに自分のイメージする曲をすでに持ってる場合があるのだが、こういうのは参考楽曲を聴いてあとは無視しないと、僕が作曲してる意味がなくなる。普通のどこかで聞いたことある曲を使いたい場合は無料でたくさんあるからそっちを使えばいいわけで。
はみ出しつつはみ出さないバランスを探すのが一生の課題だなぁ。

こういう共同創作の場合は、相手のイメージをいかにいい意味で覆せるかが肝でもあるし、面白さでもある。時にはその難しさで逃げ出したくなるのだがそこを踏ん張ってやり遂げる価値はあると思いたい。自分に無いものとの融合は綱渡りしてるようでいつも尻ごみしてしまうがががSP。

あとこれは久石譲の著書でも書いてあるのだが、画面に合わせすぎないことも時には重要だ。邦画も洋画もあまりにも映画の画面に合わせすぎてしまって曲をただの機能としか扱ってないアカデミックなものになってしまっている。
最近見たメンタリストなんかも覚えてる曲は一曲も無い、ゲーム・オブ・スローンズだって最初の素晴らしい曲以外は特に特出すべき曲はないように思う。せっかく長い時間その作品に付き合うのだから僕のような音楽好きからすると音楽もたっぷりと楽しみたいのだ。

2018年10月9日

そこそこ長い一日、か二日

母の誕生日を祝うために今日中に母親の家に行こうと準備をしていたのだが、連日のギターレコーディングがここに来てただでさえ貧弱な体を蝕む。そうだ今は夕方の4時だから二時間仮眠を取って母の家に行けば体の調子も時間もばっちりだ。と学生時代からおそらくDNAにまで刻まれてる失敗を、もう一度犯してしまう。もう二度とやらないよ、絶対。多分。

深い眠りから覚めると時間は夜の9時、よし完全に寝坊だ。携帯を見ると母からの着信が何件かあったので即座に電話すると、お腹が空いて死にそうらしい。大変だ、急いで衣服を身に着け駅に向かおうとするが、駅は歩いて15分以上する。しかも外は雨だ。しょうがないので車の免許を持っている弟の部屋の前で身支度をする。
すると案の定弟が「どこか行くの?」と聞いてきたので、「いやぁ、お母さんの家に行こうと思ったんだけど、寝ちゃってさ。雨も降ってるし」というと。

「送ってこうか?」

と優しい一言を意図して引き出したメンタリスト並みの自分の人心掌握術に寒気さえする。答えはYesだ。40秒待ってやる。
ようやく母の家の最寄り駅に着くが、今日はもうどこのお店もやっていないとのこと。誕生日会は明日やることにして、今日はとりあえず母の家でらーめんを食べることに、僕もすきっ腹にらーめんと餃子だったので食べたらまた眠くなりその日はすぐに就寝。

寝る時にラジオなんかを付けてると、そのラジオの話がそのまま夢にでてくるなんてことはままあることだが、今日はどうも目覚めが悪いなと思っていたら母が夜の3時までコナンを見てたので、僕の夢の中で終始殺人事件が起きていた。おかげで目覚めは最悪だ。そのまま起きて昼くらいに誕生日会をやろうとしたのだが、母が明日仕事らしく帰りは夜なるらしい。

母が寝るというのでそのままバトンタッチしたコナン君を横目に自分の作業をする。コナン君はいいよなぁ、つまんな過ぎず、かといって深すぎるわけでもないから作業用BGMとして最高だ。しかしBGMを作りながらBGMを聞けるわけないので、結局ほとんど見てないんだけど。。。一番新しい映画も早いとこ見たいものです。

朝になって母が起きてくると、今月開かれる稲刈り体験の参加者募集用のポスターを作って知り合いに配ってきて欲しいとのこと、幸いフォトショップが入ってるパソコンを持ってきていたので簡単にできる。と思ったのだが見やすいポスター作るのって難しいのね。。。配色センスが皆無なので配色表を見ながら試行錯誤。

おお、我ながらよくできた!(と思いたい。)
早速プリントして配りにいくことに、知り合いのパン屋さんと喫茶店の2店に配るつもりだったので、せっかくだからお昼は喫茶店で食べよう。完璧な導線を頭に描いたのでいざ出発。

パン屋さんに着いてポスターを渡して、ブルーチーズのパンとイングリッシュマフィンを買う。パンを見てたらおなかが空いたので早足で喫茶点に向かうが俺の苦労を知ってか知らずか喫茶店は閉まっていた。ちくしょう。しょうがないので近くのもう一軒ランチをやっている場所へ向かう。お腹が減って死にそうだ。

二件目に着く。閉まってた。。。ばかちん。

ここがやってないとあと一軒しか知ってる場所が無かったのでがんばって歩く。到着。おお、なんということでしょう、一見普通の喫茶店がオアシスに見える。ホットドックとジュースをもらってにこやかに帰るのでした。あれいつの間にか家まで超遠いところに来てしまった。家に帰ってくると帰りの道のりがあまりにも遠くて再度お腹がすく。

母が帰ってきてようやく誕生日会を開く。ここまで長かった。

来たい人はぜひご参加ください(どこかの田んぼでやってます。)

2018年10月6日

セールを逃す

現在制作中のアルバムのために、必要な機材を色々ピックアップしてるんだけど、そういえば持ってなかったWavesのバンドルを買わなきゃいけないなと、これは簡単にいうと個人でミックスとマスタリングをするためのソフトなんだけど、ぶっちゃけアマチュアで曲を製品までもっていくには必需品だったりする。なぜ今まで買わなかったかというと、僕の使ってるReasonは最近アップデートされた10になるまでVst(他の会社のソフトを立ち上げるための規格)に対応していなかったので、買ったところで使えなかったのだ。あと、Reasonのマスタリングパッケージを買ったので単純に買うのを躊躇していたってのもある。昨日久しぶりにドラムさんと会って機材代をもらったので、これでまた曲のクオリティが上がればなぁと。

こういうソフトはしょっちゅうセールをやっているので、早速Wavesの公式サイトに行ったらつい最近までセールをやっていたらしい。こういう運ホントないよな。

 

Beatles’ sound engineer Geoff Emerick dies

ビートルのサウンドエンジニアのGeoff Emerickが死亡したらしい、Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Bandとか手掛けた人だ。
サージェントペパーズで個人的に一番好きな曲はLucy In The Sky With Diamondsだ。

長らくLSDの歌だと思ってたけど、誤りだったっぽいね。歌詞を見てみるとなんというかナンセンス詩っぽくてものすごく興味をそそられる。こういう支離滅裂な言葉を重ねていってある種の共同体にするっていう手法は小説でも音楽でも絵でもあるけれど、自分はこういうのが本当に好きなものなんだと改めて実感。


Lucy In The Sky With Diamonds

今聞いてもドラムの質感とかホントイギリス的。こういう音が出してみたいものです。

 

 

2018年10月2日

WordPressが爆発した。

前の週の⼟⽇にシコシコと新しいブログを設定してたのだが、スタイルシートのファンクション部分を弄っていたらいきなりサイトが表⽰されなくなった。その後⾊々試したのだがどうにも思うように復旧できないので、これは改めて最初からやり直し、なおかつサイト⾃体をポートフィリオ的な物にできないだろうかと試⾏錯誤した(というかアーティストのサイトはポートフィリオであるべきだ。)

そんな訳で新しいサイトデザインにようやくリニューアルしたのでぜひ⾒て触って楽しんで頂きたい。前のブログにはなかったギャラリーを追加したので、暇さえあればどんどんアートワークを追加していこうと思う。

そういえば、⾊々復旧について調べていたら「Wayback Machine」というサイトにたどり着いたのだが、このサイト世界中のサイトを保存しているらしく試しにこのサイトのアドレスを打ち込んでみると今年の6⽉まで更新したサイトが丸々保存されていた。アーティストのページなんかは新しいアルバムをリリースするたびに変わるので、昔のサイトが⾒たい⽅はぜひ使ってみて欲しい。あとエイプリルフールネタなんかもこのサイトで⾒れるのがいいね。